天狗岩用水の施設について

○○○○○○○○イメージ

「補強・補修工事が進む坂東大堰」

天狗岩用水の取水口がある坂東大堰(渋川市半田)において、平成28年度から固定堰本体の大規模な改修工事が実施されています。平成28年度は利根川(坂東大堰)の右岸側の工事が施工されました。平成29年度は左岸側の補強・補修工事に併せ、利根川の下を通る天狗岩横断暗渠内の補修工事が実施されます。この工事は平成30年度までの3カ年をかけ実施されます。平成31年4月頃には、新しい坂東大堰の壮大な姿がご披露されるのでお楽しみに。

○○○○○○○○イメージ

「坂東大堰と坂東大堰取水合口」

坂東太郎とも呼ばれる利根川にかかる坂東橋(渋川市)の下には坂東大堰があります。左に見えるのが昭和26年に県営坂東合口事業により完成した「坂東大堰取入合口」です。
取入合口は12連の引入合口からなり、4個の分水槽に連結します。このうち3個の分水槽は広瀬桃木両用水の隧道に連結し、下流の水路へ流れます。1個は天狗岩用水の隧道に連結し、取水合口下流にある坂東橋の下で横断暗渠によって利根川を横断して右岸に渡り、約860mの天狗岩連絡暗渠を経て下流の天狗岩用水路へ流れます。
昭和46年に坂東合口土地改良事業により坂東水系総合開発のための分水施設が完成してからは、災害時の予備の取水口として利用されています。

○○○○○○○○イメージ

「天狗岩沈砂池」

坂東大堰取水合口から取水された用水は利根川横断暗渠を通って下流へ運ばれます。坂東大堰取水合口から南へ約1.6kmのところに天狗岩沈砂池があります。坂東大堰取水合口から取り入れた用水から土砂を取り除く施設として、吉岡町漆原に建設されました。

○○○○○○○○イメージ

「天狗岩用水制水門と余水吐門」

天狗岩用水は利根川横断暗渠内に設けられた制水門により利根川からの取水量を調整しています。そこから下流約3.2kmに天狗岩用水制水門と余水吐門があります。ここで緊急時の水量の調整が行われます。

○○○○○○○○イメージ

天狗岩用水遊歩道

光巌寺の西を流れる天狗岩用水。用水沿いには遊歩道があります。遊歩道は地域用水機能増進事業により平成16年3月に完成しました。地域住民や中学生により花木の植栽が施され、美しい景観を保っています。奥に見える橋は「秋元橋」と名づけられ、中学校の通学路になっています。

○○○○○○○○イメージ

「県営かんがい排水事業天狗岩堰地区 竣工記念碑」

昭和63年度から平成10年度まで、11ヶ年の歳月と総工費17億400万円のをかけ、秋元長朝公によって開削された天狗岩用水の改修工事が実施されました。
平成11年3月の竣工を記念し建立された記念碑です。記念碑の文字は地元群馬県選出の総理大臣でもある”故小渕恵三”先生によるものです。